【PC】日本版「黒い砂漠」リマスター実装後に復帰ユーザーが78%増加していたことが判明!オープン以来、最高の復帰ユーザー数を記録

2018年9月4日に韓国Pearl Abyssが発表したデータによるとPC向けMMORPG「黒い砂漠」の日本サービスにおいてリマスター後の復帰ユーザーが78%も増加し、オープン以来最高の復帰ユーザー数を更新していたことが判明した。

2018年8月に「黒い砂漠」は全世界でほぼ同時期に「リマスター」アップデートを実施した。その結果、日本以外の地域でも成果を出している。韓国・北米・ヨーロッパ地域では23%、南米では20%も利用者が増加したのだ。

リマスターアップデートには1年余りの作業期間を経た大規模なものであり、この作業にかかる労力を他のタイトルに投資しても十分な成果を出せただろう。しかし、Pearl Abyssは「黒い砂漠」を最高のクオリティに高めるために投資を行ったのだ。

グラフィックとオーディオに大きな変化を与え、たとえばメディア地域の音楽は約40曲を超える音楽をオーケストラの演奏に置き換えた。チェコ・ドイツ・ハンガリーといった地域の音楽家たちが関わっており、最高の完成度を誇っている。

リマスターアップデート後、世界中のゲーマーやメディアから賛辞を得ており、各国の黒い砂漠プレイヤー達は新しくなった「黒い砂漠」に肯定的である。

「黒い砂漠」は今後もゲームへの投資を絶えず継続させ、市場やプラットフォームを拡大していく。2018年内には北米・欧州向けにXbox oneバージョンのリリースも控えている。

「黒い砂漠」日本公式

ソース元:Pearl Abyss公式(韓国語)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「リネージュ2レボリューション」をプレイ中。