【台湾】台湾版「黒い砂漠モバイル」の事前登録が279万人を突破、なお台湾の人口は約2350万人

2018年8月28日、台湾パールアビスは「黒い砂漠モバイル」台湾版の事前登録者数が279万人に達したと発表した。

台湾版「黒い砂漠モバイル」は韓国国外で初の海外サービスであり、韓国以外での成功を収める事ができるのか注目が集まっている。

なお台湾版「黒い砂漠モバイル」は事前登録が開始された初日に56万人を集め、5日後には100万人を突破し、8月20日には200万人を突破。人口が約2350万人の台湾で279万人という数字は実に国民の10人に1人以上が登録している計算だ。この驚異的な数字に多くのファンが驚いているだろう。

関連記事:【台湾】8/29配信予定の台湾版「黒い砂漠モバイル」の事前登録者が200万人を突破!

台湾版の言語は「繁体字」(漢字)のため、ハングルの韓国版よりは日本人にとってプレイしやすい環境と言っても良いだろう。興味のある方はプレイしてみてはいかがだろうか。

台湾版「黒い砂漠モバイル」の正式サービスは2018年8月29日(水)となっている。

ソース元:黒い砂漠モバイル(台湾版)公式

なお日本版「黒い砂漠モバイル」はPearl Abyssの日本法人を立ち上げ、2019年上半期に配信予定だ。

「黒い砂漠モバイル」配信日・事前登録・情報まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「リネージュ2レボリューション」をプレイ中。