韓国NCSOFT、2019年上半期から「アイオンテンペスト」「ブレイドアンドソウル2」「リネージュ2M」を順次発売予定

2018年8月14日、韓国NCSOFTは決算報告にてスマホ向け新作MMORPG「アイオンテンペスト」「ブレイドアンドソウル2」「リネージュ2M」を2019年上半期から順次発売すると発表した。

「大作3タイトルを1度に出す必要はあるのか?」との質問に対し、韓国NCSOFTは「アイオンテンペスト」「ブレイドアンドソウル2」「リネージュ2M」3タイトルの開発はスケジュール面において変動はなく、開発チームも上半期中に発売したいと考えているとした上で、市場への影響力も考慮するとのことだ。

「真っ先に韓国で発売した後に海外展開をおこなう姿勢」についても質問が出たが、韓国NCSOFTはゲームのインパクトが最も大きい市場で最初に発売することに意味があり、その点で韓国が最も大きな影響力を持つことを理由にあげている。

また韓国国内でのMMORPG市場が飽和しているといった指摘に対して韓国NCSOFTは「いまだに真のオープンフィールドと自由世界で多数の人々が同時にプレイすることができるMMORPGはリネージュMだけ」だとした上で、2019年上半期に発売予定の「アイオンテンペスト」「ブレイドアンドソウル2」「リネージュ2M」はプレイヤー達がMMORPGで失望を感じた部分を十分に埋めることができると予想している。

ソース元:inven

 

「ブレイドアンドソウル2」配信日・事前登録・情報まとめ

「アイオンテンペスト」(AION TEMPEST)配信日・事前登録・情報まとめ

「リネージュ2M」配信日・事前登録・情報まとめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「リネージュ2レボリューション」をプレイ中。