韓国版「黒い砂漠モバイル」に9番目のクラス「リトルサマナー」の実装が決定、さらには闘技場が全サーバーマッチング化に

パールアビスは2018年8月3日、スマホ向けMMORPG「黒い砂漠モバイル」に9番目となる新規クラス「リトルサマナー」を実装すると発表した。

リトルサマナーはクラス専用となる召喚獣「黒狼」に乗って戦う事ができ、ダイナミックなプレイが可能だ。

本日より韓国版「黒い砂漠モバイル」ではリトルサマナー実装を記念してゲーム内で事前予約イベントを開催する。
リトルサマナー実装まで各村に黒狼型のNPCが登場し、話しかける事でイベントを進行できる。

ゲーム内で事前予約イベントを進行する事によってプレイヤーはリトルサマナーのストーリーを自然と学ぶ事ができる。

 

また、他にも今回のアップデートを通して「ワールドマッチング」の導入が決まっており、既存サーバーのみでおこなわれていた闘技場のマッチングが全サーバーに適用される。
これによって闘技場はサーバー最強を決めるものから全サーバー最強を決めるコンテンツとなる。

https://cafe.naver.com/blackdesertm/1825832

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「リネージュ2レボリューション」をプレイ中。