【韓国セルラン】イカロスMがリネレボを抜き4位へ進出!上位3タイトルはリネージュM、黒い砂漠M、MUオリジン2(2018年8月1日)

8/1の韓国Google Playトップセールス

今週の韓国セルランは新規タイトル「イカロスM」の躍進が目立つ。7/26に配信されたイカロスMが初めてリネージュ2レボリューション(以降リネレボ)を抜いた。

トップセールス上位15の順位は以下の通り。

韓国Google Playトップセールス上位15まとめ(8月1日10:00集計)

順位:タイトル(運営会社)ジャンル
1位:リネージュM(NCSOFT)MMORPG
2位:黒い砂漠モバイル(PEARL ABYSS)MMORPG
3位:MUオリジン2(WEBZEN)MMORPG
4位:イカロスM(Wemade Service)MMORPG
5位:リネージュ2レボリューション(Netmarble)MMORPG
6位:EA SPORTS(NEXON)スポーツ
7位:三国志M(Efun Company)ストラテジー
8位:Fate/Grand Oder(Netmarble)RPG
9位:セブンナイツ(Netmarble)RPG
10位:すべてのマーブル(Netmarble)ボードゲーム
11位:王になる者(CHUANG COOL ENTERTAIMENT)RPG
12位:ドールズフロントライン(X.D. Global)RPG
13位:メイプルストーリーM(NEXON)MMORPG
14位:ラグナロクM(GRAVITY)MMORPG
15位:カイザー(NEXON)MMORPG

韓国セルランの特徴は1位の「リネージュM」が絶対的王者であることだ。かつての日本でパズドラやモンストがそうであったように「リネージュM」は長期間1位に君臨している。2位以下は「黒い砂漠モバイル」が頭1つ抜ける形で「MUオリジン2」「イカロスM」「リネージュ2レボリューション」と続いている。

リネレボは7/6以降、新種族「オーク」の実装が追い風となり安定して4位以上をキープしていたが、ついに5位へ後退する形となった。
イカロスMは7/26のリリース以降、じわじわと順位を上げおり、無料ランキング(DL数)においても2位以上を維持し続けている。このまま上位3タイトルに食い込む可能性もあるだけに注目したい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「リネージュ2レボリューション」をプレイ中。