「黒い砂漠モバイル」初の海外サービス「台湾」での配信日が8月29日に決定!さらには韓国版でも未実装の「リトルサマナー」も公開

7月10日、台湾でおこなわれたプレス発表会で「黒い砂漠モバイル」の開発会社であるPearlAbyss(韓国)は同タイトル初の海外展開として「台湾」を選択し、同国でのサービス開始が8月29日であると発表した。

なお「黒い砂漠モバイル」初となる韓国以外での最初のサービス国に台湾を選んだ理由は「PearlAbyss直営で最初にPC版の黒い砂漠を出した国であり特別な意味を持っている」とのこと。

また台湾版の「黒い砂漠モバイル」には、現時点で韓国版にも実装されていない職業「リトルサマナー」が追加される。Pearl Abyssの台湾市場への熱意はかなりのものだ。

台湾で公開された「リトルサマナー」

このプレス発表会では「Nintendo Switch版もあるか?」といった質問も飛び出し、開発チームは「スイッチでリリースされた場合、Mobileバージョンに基づいているはずだが、具体的な計画はまだない」とのことだが、「現時点では一応動かす事はできる」とも答えている。

台湾版「黒い砂漠モバイル」は繁体字(漢字)が使われており、ハングル文字が使われている韓国版と比べると、日本人にとっては潜入しやすい環境だ。興味がある方は台湾版でプレイしてみてはいかがだろうか。

台湾版プレイ動画(直撮り)
▲読める…!読めるぞ…!なんとなく文字が読めた気分になれる繁体字は最高だ。

ソース元:https://gnn.gamer.com.tw/5/165255.html
黒い砂漠モバイル(台湾版)公式:https://www.tw.blackdesertm.com

黒い砂漠モバイル
プラットフォーム:スマートフォン(iOS/Android)
開発会社:Pearl Abyss(韓国)

日本版「黒い砂漠モバイル」の配信日・事前登録・情報まとめはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「リネージュ2レボリューション」をプレイ中。