【韓国】人気が低迷する『TERA M』、開発会社変更を含む「TERA Mリブート」実施へ【テラMリブート】

みなさんは『TERA M』を覚えているだろうか。

韓国Netmarbleの決算発表の場では「日本版は2018年第4四半期を予定」と言及され、多くのTERAファンが日本版リリースを待ち望んでいたが、とうとう2018年中に日本版「TERA M」の続報は出ずに2019年を迎えてしまった。

今後、日本版『TERA M』はどうなるのか。そして韓国の『TERA M』はどうなっているのか解説したい。

韓国版『TERA M』現状

韓国版『TERA M』は2017年11月下旬にリリースされた比較的新しいタイトルで、リリース初期はiOS/Androidのダウンロード&売上ランキングで1位を獲得し、絶大な人気を誇っていた。

しかしリリースから1年がたった今、かつてセールスランキング1位を記録した『TERA M』の順位は300位台をさ迷うアプリとなってしまった。

『TERA M』はこの現状を変えるために開発会社の変更を含む大規模な改修・改善作業「TERA Mリブート」を打ち出している。詳細については後ほど詳しく説明したい。

減り続けるアップデート

リリース直後の2017年12月から2018年4月頃までは月に2回以上のアップデートが実施されていたが、2018年5月のアップデートは1回、6月から8月まではアップデートが実施されていない。

さらに2018年9月に久しぶりにアップデートが実施されたものの、その後は現在まで1度もアップデートが実施されていないのだ。

アップデートの回数を月別にまとめたので、これをご覧頂ければ「アップデート頻度が急激に減った」ことが一目瞭然だろう。

韓国版『TERA M』のアップデート回数(月別)
※アップデートとはコンテンツ追加を指す
2017年
12月:2回
2018年
1月:5回
2月:2回
3月:3回
4月:2回
5月:1回
6月:0回
7月:0回
8月:0回
9月:1回
10月:0回
11月:0回
12月:0回

人気の指標セールスランキングも右肩下がり

2017年12月に『TERA M』が韓国でリリースされた当初はストアのセールスランキング(売上)で瞬間的ではあるが1位を記録したこともあり、その後も上位に位置していた。

しかし2018年2月下旬に『黒い砂漠モバイル』がリリースされてから状況は一変する。

セールスランキングが下落しては上昇を繰り返し、徐々に平均順位は下がって行き、2018年7月にはついに順位が100位以下になってしまった。

2018年11月以降は300位台をさ迷う形となっており、最新の2019年1月7日の順位は325位となっている。

なぜ人気が落ちたのか

結果論だが『黒い砂漠モバイル』などの後発アプリに人気を取られてしまったと言えるだろう。

しかしアプリは先行者利益が非常に強く、TERA M登場から3ヶ月遅れてリリースされた後発である『黒い砂漠モバイル』の方が不利なはずだ。

結局のところ『TERA M』というアプリの魅力が足りていなかった事に尽きる。

開発会社の変更

2018年11月21日、韓国Netmarbleの『TERA M』運営チームは「過去1年そして今後の1年」というタイトルの開発者ノートを公開した。

この中では運営(開発)の力不足を認めプレイヤーに対してお詫びをした上で「テラをテラらしく作り直す」と宣言している。

まずは『TERA M』の開発会社を「Blue Hole Squall」(ブルーホールの子会社)から本体である「Blue Hole」に変更したと報告。

これは「テラらしさ」をよく理解したPC版『TERA』の開発・運営経験のある「Blue Hole」本体の力が必要とのことだ。

『TERA Mリブート』始動

今回のプロジェクトは現在の延長戦となる「シーズン2」という形ではなく、再起動という意味の「リーブト」をあえて採用した。

消極的な姿勢では現在の『TERA M』を変えることはできないとした上で、大掛かりな改善「リブート」を実施する。

そして運営は「リブート」は『TERA M』の終わりではなく、始まりだと宣言。そして『TERA Mリブート』は2019年7月をめどに作業を終える予定だ。

日本版はどうなる?

ゲーム的に改善・改修が必要であると判断された以上は、日本を含む海外展開はしばらく先になるかもしれない。

今現在、韓国の開発・運営チームが全力で『TERA M』のリブートに取り組んでいるだろう。

結果が出るまでもうしばらく待つ必要がありそうだ。

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「黒い砂漠モバイル」をメインに活動中。