『ラグナロクM:永遠の愛』北米・南米・オセアニア版の事前登録が開始

韓国グラヴィティの米国子会社「グラヴィティインタラクティブ」はスマホ向けMMORPG『ラグナロクM:永遠の愛」の北米・南米・オセアニアサービスを来年1月に開始すると発表した。これに先立ち2018年11月28日から事前登録を開始する。

『ラグナロクM:永遠の愛』は中国、台湾、韓国、東南アジアの地域でサービスが行われており、各地域ではリリース後にストア売上げで上位を記録した。中でも東南アジア地域ではタイ・フィリピン・インドネシアでストア売上1位を獲得。

はたしてアジア以外の地域でも『ラグナロクM:永遠の愛』は人気を得る事ができるのか、多くのMMOファンが注目してる。

 

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「リネージュ2レボリューション」をプレイ中。