【パクリ疑惑】ブラウザMMORPG『ナイトメアクロノス』がFF14のデザインをパクっているのではないかと話題に。カオスサーガの再来か?

現在ネット界隈で11月6日にリリースされたばかりのブラウザMMORPG『ナイトメアクロノス』がFF14やLoLのデザインを流用しているのではないかと話題になっている。

『ナイトメアクロノス』はHTML5ゲームポータルサービス『G123.jp』内で運営されており、ID登録などは一切不要でゲームURLに接続するだけでゲームプレイが可能な手軽さが売りだ。

さて、この『ナイトメアクロノス』に浮上しているパクリ疑惑を紹介していこう。

FF14の戦士とチョコボのデザインを流用?

ツイッターユーザーの「けんとし」(@sken1001)氏はツイッター上で『ナイトメアクロノス』のゲーム内コスチュームがFF14の戦士アーティファクトを装備したララフェルに、そしてペットと思われる黄色い鳥がチョコボに似ていると指摘している。

確かに似ているが微妙に細部が異なっている。
 

そもそもタイトルロゴがパクリ説

ゲームの看板となるタイトルロゴにもパクリ疑惑が浮上している。

『ナイトメアクロノス』の文字の上にある剣と盾をモチーフにしたロゴがスクウェア・エニックスが運営する『ファイナルファンタジー14』のゲーム内コンテンツ「フィースト」の階級ロゴの酷似しているのだ。

疑惑を指摘するツイート

実際に比べてみるとこの通り非常に似ている。


画像ソース元1:『ナイトメアクロノス』公式ツイッターより
画像ソース元2:FF14ゲーム内コンテンツ「ザ・フィースト」解説より

この他にも『リーグオブレジェンド』のアイコンを流用しているといった指摘もあり、ネット界隈ではこの一連の流れが「カオスサーガ事件」を彷彿させるといった声も出ている。

※「カオスサーガ」とはFF11からのデザイン盗用が判明し、サービス開始から22時間あまりでサービスを終了してしまった伝説のMMORPGだ。詳しくは「カオスサーガ」でググって欲しい。

なお『ナイトメアクロノス』を実際にプレイしてみたが、全てがオートで進む簡単なつくりになっている。ログインしていない間にもキャラクターは自動で動いているようで、しばらく時間を空けてからログインするとその間に手に入れたアイテムや通貨を確認可能だ。

ブラウザを閉じている間でもキャラクターは勝手に"放置狩り"をしてくれる親切設計

MMORPGを楽しみたいけど時間がないといった人には向いていると思うので興味があればプレイしてみて欲しい。

『ナイトメアクロノス』ゲームURL(BGMが流れます)

『ナイトメアクロノス』公式ツイッター

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「リネージュ2レボリューション」をプレイ中。