『リネージュ2M』、原作のデザインに新たな息吹を吹き込んだモデリングを公開【動画あり】

韓国エヌ・シー・ソフトは2019年上半期に韓国で配信予定の新作スマホMMORPG「リネージュ2M」のキャラクターデザインを紹介する動画とスクリーンショットを公開した。

この動画ではエルフとダークエルフが紹介されており、エルフは「メジャーアルカナローブ」と「アルカナメイス」、ダークエルフは「ドラコニックレザーアーマー」と「ダイスダガー」を装備していると思われる。

あえて原作のBグレード武器「ダイスダガー」を選ぶあたりから「リネージュ2M」開発者の原作への深い愛と理解を感じる。

原作におけるSグレード装備の「メジャーアルカナローブ」は最もエルフメイジに似合う装備だ。

リネージュ2Mとは

リネージュ2Mはモバイル最大規模のシームレスオープンワールド、そして大規模なRvR戦闘などを実装予定だ。オープンワールドの世界の広さは実に102,500,000㎡で、これをワンチャンネル(1つのチャンネル)で、フィールドに一切の切れ目なくシームレスに実装される。

リネージュシリーズの中心コンテンツである戦闘では、より自由度の高いものを用意している。具体的には地形の高低さや障害物(オブジェクト)を活用した戦略的な戦闘だ。

またレイドボスといったコンテンツも用意されており、原作同様に単純な攻略対象ではなく「競争の要素」となる。

原作「リネージュ2」と同様に個性豊かな種族とクラスを用意しており、原作の31クラスだけでなく「リネージュ2M」オリジナルのクラスも存在する。自由な成長ルートも準備されており、自由度は高くなりそうだ。

「リネージュ2M」配信日・事前登録・情報まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「リネージュ2レボリューション」をプレイ中。