【韓国】『黒い砂漠モバイル』、11/9アップデートで新規コンテンツ「ワールドビジネス:貿易」を体験できるイベントを開催。その他、新しい装備の成長システムや新規ワールドボスなどを実装

2018年11月9日、韓国パールアビスは韓国で運営中のスマホ向けMMORPG「黒い砂漠モバイル」のアップデートを実施した。

このアップデートで追加されたコンテンツは以下のとおり。

・「貿易」体験イベント開催
・新しい装備の成長システム実装
・新規ワールドボス追加
・その他、既存コンテンツのバランス調整と追加

「ワールドビジネス:貿易」体験イベント

貿易は各都市の相場を把握することで大量の銀貨を稼ぎ出せるチャンスが生まれる壮大なシステムだ。現時点では未実装の機能であり、今回はイベントを通してユーザーにシステムを理解してもらう意図がある。

新しい装備の成長システム

神話ランク以上の+40装備以上を対象に装備をさらに成長させることが可能となる。

新規ワールドボス「激怒したギアス」

新規ワールドボス「激怒したギアス」はレベル35以上のキャラクターが挑戦可能で毎週土曜日の20~22時に進行可能となる。

「黒い砂漠モバイル」のワールドボスは指定された日時に進行され、マッチングされたプレイヤー数十人と共にインスタンスゾーンで開始される。

その他追加・調整

今回のアップデートでは「ダークナイト」や「リトルサマナー」「ソーサラー」などの調整が行われた。他にも取引所や各種アイテムの仕様、討伐ミッションの追加や変更、または不具合の修正がおこなわれている。

「黒い砂漠モバイル」では既存コンテンツの追加や調整などを含めると月に3~5回のペースでアップデートが実施され、常に新しいコンテンツが追加されるためプレイヤーを飽きさせないだろう。

日本版のリリースについて

韓国パールアビスは日本版「黒い砂漠モバイル」について2019年上半期にリリース予定としている。なお運営はパールアビスが日本法人を立ち上げ直接運営する形となるそうだ。

「黒い砂漠モバイル」配信日・事前登録・情報まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「リネージュ2レボリューション」をプレイ中。