『リネージュ2M』、フィールドプレイ動画が公開。QA討伐風景、シージゴーレムやカマエルの姿も確認

2018年11月8日、韓国エヌ・シー・ソフトは開発中の新作スマホ向けMMORPG「リネージュ2M」のフィールドプレイ動画を公開した。

この動画についてエヌ・シー・ソフトは「いくつかの編集とカメラ操作を除けば今回発表した動画はインゲーム映像だ」としている。

解説

まずは動画の冒頭シーン、グルーディンと思われる村が見渡せる丘の上から始まる。この石碑は英雄の墓だろうか。

次の場面では城壁に囲まれた村へと移り、ドワーフが召喚できる攻城兵器「シージゴーレム」の姿も確認できる。

場面は次へ次へと変わって行き、「グルーディン港」や「アリの巣」が映し出された。

これまでは風景映像がメインであったが、この場面からプレイヤーキャラクターにスポットライトが当たる。プレイヤーキャラクターの集団の中に「ヒューマン(男)」「ダークエルフ(男)」「オーク(男)」「ヒューマンメイジ(女)」「エルフ(女)」などを確認できる。

また場面が変わりダークエルフの短剣職が映し出された。ブロースキルは爽快だ。

そしてリネージュと言えば集団戦。棒立ちの戦闘が若干気にはなるが、相変わらず集団戦のスケールは大きい。そして迫力も抜群だ。

最も気になるシーンだ。このキャラクターは背中から羽のようなものが生えているので種族は「カマエル」だろうか。髪型がダークエルフ姉さんにも見えたのでしばらくどちらか悩んでしまった。

そして次はクォータービュー視点でのゲームプレイ風景が映し出された。
現時点でゲームプレイ時の視点(カメラワーク)について詳細な情報は入っていないが、クォータービューでもプレイできるという説明なのかもしれない。

そしてアップ視点でのプレイ風景、迫力満点だ。

最大の見せ場、クィーンアント討伐の風景。大型ボスモンスターとの戦いはリネージュ2の醍醐味の1つだ。

動画はキャラクター4人が並ぶシーンで「2019 coming soon」と表示され終わりを迎える。

このクオリティのゲームが2019年の上半期にリリースされることに驚いている。韓国最高峰のゲーム開発会社「NCSOFT」が生み出すモバイル史上最高のMMORPG「リネージュ2M」は2019年上半期に登場予定だ。

今後も情報が入り次第お伝えしたい。

動画

「リネージュ2M」配信日・事前登録・情報まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「リネージュ2レボリューション」をプレイ中。