【韓国】「リネージュ2M」、グルーディオ領地の動画とスクリーンショットを公開。最高のクオリティで再現されたアデンワールドを確認しよう

リネージュ2Mの新しい”クロニクル”が始まる

この言葉はリネージュ2Mのキャッチフレーズだ。原作であるリネージュ2のプレイ経験のある方ならば”クロニクル”という単語に懐かしさを感じるだろう。原作「リネージュ2」の初期のゲームバージョンを示す単語であり、原点回帰を意味するとも取れる。

グルーディオ領地の紹介

「リネージュ2M」はグルーディオ領地の「グルーディン港」「トゥレックオークの野営地」「絶望の廃墟」「警備隊哨所」「荒地」「アリの巣」の合計6ヶ所を動画とスクリーンショットで紹介している。

これらの地名はリネージュ2やリネージュ2レボリューションをプレイしたことのある人ならば知っているはずだ。…と言いたいところだが原作もリネレボも経験している筆者でも「警備隊哨所」がどこなのかは分からない。

ともかく、「リネージュ2M」で再現されたグルーディオ領地の各エリアを確認して欲しい。

グルーディン港

話せる島を離れて本格的に冒険が始まる地だ。冒険者にとってはアデン大陸の入り口とも言える。建物が見えるのは「グルーディン村」だろうか。原作のグルーディン村は城壁で囲われていたが、この時代には存在していないようだ。

トゥレックオークの野営地

グルーディオ領地の西側に存在するトゥレックオークが支配する地域だ。

原作では序盤のレベリング狩場として活用されていた。

絶望の廃墟

かつては村が存在したエリアだが、アンデットやゾンビの出現する危険な場所になってしまった。

警備隊哨所

このようなエリアは原作「リネージュ2」には存在していなかったと記憶する。

推測にすぎないが、もしかするとこの地は原作における「悲嘆の廃墟」かもしれない。

荒地

「荒地」はアリや魔法生物などが住み着いたエリアだ。

スクリーンショットにはあり得ない数のアリさんが映っているのだが、これは一体・・・!?

アリの巣

荒地の地下に広がる巨大な迷路、その奥にはボス「クィーンアント」が待ち構えている。

リネージュ2M版の「クィーンアント」はとてつもなく邪悪なデザインだ。

「グルーディオ領地」紹介動画

今回紹介されたエリア

原作「リネージュ2」(PC版)のグルーディオ領地の地図だ。今回紹介されなかった地名も多く存在する。

たとえば「捨てられた露営地」は低レベルキャラクターのレベリング狩場として賑わっていた。「忘れられた神殿」は地下深くに作られた巨大なダンジョンで、間違いなく冒険心に駆り立てられ探索を始めるだろう。

思い出深いだけに、これらのエリアも実装されるのか気になるところだ。

「リネージュ2M」配信日・事前登録・情報まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「リネージュ2レボリューション」をプレイ中。