新型iPad Proが発表。新モデルは11インチと12.9インチ、ホームボタンが廃止され接続端子はiOS初となるUSB-Cを採用。価格は8万9800円から

2018年10月31日、米国Apple社は「2018年発表会」で新型iPad Proを発表した。iPad Proはアプリゲームに最も適応したハイスペック端末としてゲーマーから支持されており、新型の詳細スペックに注目が集まっている。

新型iPad Proは現行機種よりも端末の縁を大きく広げているのが特徴で、今まで存在していたホームボタンは廃止された。画面サイズは11インチと12.9インチが用意されている。

また現行機種の接続端子はLightningだったがこれも廃止され、新型iPad ProはiOS製品で初となるUSB-Cを接続端子に採用した。このUSB-C端子からは他の端末に逆充電が可能で5Kモニターにも映像を出力することが可能となる。

そして新しいApple Pencilは磁石が搭載されておりiPad Proに簡単に取り付けることが可能でワイヤレス充電にも対応する。

まとめ
・サイズは11インチと12.9インチの2種類
・FaceIDが実装
・プロセッサーは「A12X Bionic」を採用
・グラフィック描写は2倍速く(前世代と比較)
・Apple Pencilはペアリングも充電も磁力でつけるだけでOK
・キーボードとカバーを兼ね備えた「Smart Keyboard Folio」が登場
・接続端子はUSB-Cを採用(この端子から他の端末に逆充電が可能)
・バッテリーは最大10時間持続

発売日は11月7日で既に予約も始まっている。詳細はApple公式サイトの「iPad Pro」特設ページを見て欲しい。

Apple公式「iPad Pro」特設ページ

筆者は現行iPad、iPad Proの両方を所持しているが、iPad Proの方がゲームプレイに適しており、例えばスマホMMORPGの「リネージュ2レボリューション」では長時間の放置プレイをおこなっても端末は強制終了することはほぼない。さらにゲームプレイ時に端末が熱くなるといった現象もないのだ。

スペックが飛躍的に上がった新型iPad Proは間違いなく現行機種よりも快適にゲームプレイが可能だろう。最上級のプレイ環境を求める方はぜひ購入してみてはいかがだろうか。

ただし1つだけ付け加えると、iPad Proに限らず全てのスマホ/タブレットにも言えることだが発売初期の頃はアプリケーションによっては端末に対応していない場合もある。その点だけ注意して欲しい。

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「黒い砂漠モバイル」をメインに活動中。