【韓国】「リネージュM」、エピソード2「THE LASTAVARD」アップデートでワールドダンジョンや7番目となる新クラス「闘士」が実装

韓国NCソフトはスマホMMORPG「リネージュM」のアップデート『エピソード2「THE LASTAVARD」』を実施し、7番目となる新クラス「闘士」が追加された。

新クラス「闘士」

今回追加された「闘士」は原作のPC版「リネージュ」には存在しないまったく新しいリネージュMオリジナルの職業だ。

「闘士」は近接攻撃に特化しており、武器はチェーンソード、両手剣などを使用することができる。

また敵から受けたダメージを蓄積して反射するスキルや物理攻撃ダメージを防御するスキルなども所持しており、かなり強力だ。

ワールドダンジョン

今回のアップデートで新たなワールドダンジョン「ラスタバド」「地下大空洞」「ディアド要塞」が実装された。

ワールドダンジョンは約10個のサーバーのプレイヤーが入場できる統合ダンジョンで、プレイヤー達が戦闘を繰り広げることができる。

なおラスタバドダンジョンでは神話ランクの武器や伝説ランクのセットアイテムなどを入手可能だ。

 

今回のアップデートではその他にマジックドール覚醒レベルの拡張なども行われている。

リネージュM公式サイト(韓国語)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MMOJAPANの管理人。「MU奇跡の大地」「ラグナロクオンライン」「リネージュ2」などをプレイしリアルタイムで他のプレイヤーと同じ空間を共有できるMMORPGの楽しさに目覚める。 その後は1タイトルを数ヶ月プレイして次のゲームへ移っていくネトゲ遊牧民のようなスタイルに。 GvG(攻城戦や要塞戦)のような「大規模対人戦」を好む。 現在はスマホ向けMMORPG「リネージュ2レボリューション」をプレイ中。